ビザ取得のノウハウ

バス停で停まる

昔も今も日本人にとってインドは魅惑の場所のひとつです。 日本人がしょっちゅう食べるカレーはインドの発祥ですし、インド人が熱心に信仰するヒンズー教が神道と同じく多神教として生活文化に溶け込んでいるのも親しみを感じさせるところでしょう。 国連では会議中に日本人をしゃべらせるのとインド人を黙らせるのが最も難しいと言われていますが、インド人は実に人懐っこくて大胆不敵で知恵があって社交的で、日本人とは全く違った魅力があり、だからこそ毎年多くの日本人観光客が訪れてリピーターが増える一方なのです。 日本人であれば、どこでも手軽に観光できる気がしますが、インドを個人で訪れるには、たとえ世界中から信用を集める日本人であっても必ずインドビザが必要です。

インドビザは個人で手続きすることもできますが、不慣れな人が行うと時間がかかる場合があり、書類上のミスがあったり、そのミスを訂正するため何度もインドビザ申請センターに出向かなければならないので、日ごろ忙しくなかなか時間がとれない方はインドビザの申請を代行する専門会社に一任するのがベストでしょう。 遠方にお住いの方にとっても遠くのインドビザ申請センターに行くのは骨が折れるので、最寄りの申請代行会社を利用することをお薦めします。 忙しい仕事の合間を縫ってせっかくリフレッシュで旅行するのに手続きもたもた手間取ると、旅行自体も思わず面倒になってしまいます。 なので「時は金なり」でプロの仕事はプロにお任せ。料金も自分が手続きするのとそれほど変わらず、リーゾナブルなのがインドと同じく魅力です。